読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三言くらい言いたい

気になった事柄やニュース等を、ピックアップして、短く紹介します。

トランプ大統領のスピード感はヤバイ

就任早々から大統領令を連発して、批難を浴び続けているトランプ大統領ですが、いいところと悪いところが出まくってるって感じですね。

少なくとも、移民難民の受け入れについては、日本は何もやってないに等しい国のため、意見することは難しいですが、アメリカの強さの源泉でもある為、アメリカにとってマイナスである事は間違いないでしょう。

トランプ氏の凄いと感じるところは、スピード感が凄いですね。自分でやろうと思った事は、バンバンやっていく感じです。通常の感覚で見ると、せめて自分の周りくらいネゴっておけよと思うんですが、そんなまどろっこしい事をやってスピード感を落とす気はサラサラないんでしょう。

例えば、入国禁止例を批判した事により、司法省のサリー・イェイツ長官代理を首にしましたが、そんな近い存在から、ちゃんと事前に批判が出ないようにネゴっておくか、先に首にしておけよと思いますが、そんな事に事前に時間を取られてスピード感を落としたくないんでしょう。ビジネスマンとして培ってきた感覚でしょう。

ただ、今は超大国の大統領ですからね。

トランプ氏の会社のような大企業であれば、少しくらい新規の事業が失敗したりしても潰れたりはしないでしょう。実際、トランプ氏は、今まで事業に失敗もしてきています。それで税金を払ってなかったでしょ的な話しもあります。

いくつか事業をやって、失敗をしても、大当たりする事業があればそれで取り返してお釣りがくるんです。その大当たりを出すためにスピード感が大事なんです。

でも、アメリカの大統領でそれをやられると。。。

アメリカの大きな失敗は、世界の失敗に繋がります。特に同盟国、日本への影響が大きいですし、最悪、戦争に繋がります。その失敗は取り返しがつかない失敗です。

戦争までとはいわなくても、世界のパワーバランスがかわります。中国に対しても攻撃的な発言を繰り返していますが、このままトランプ政策を繰り出していけば、結果的には、いまよりも中国を台頭させる結果に繋がりますので、日本にとっては大きなマイナスです。

トランプ大統領の政策をみていくと、わかり易い政策が多いです。だから支持されたんですが。

例えば、入国禁止例は、わかり易いですよね。

テロリストのテロ実行犯は、イスラム教の信者が多い、だから入国禁止にするって感じですが、それが最終的に正しい事とは限りません。きっと事業もそうだったんでしょう。わかり易い事業で成功をおさめてきているんでしょう。問題は、わかり易い事の全てが最終的に正解を導き出すかは別問題ですし、そもそもわかり易い事が、間違いである事も多々あります。

他にも、ドル高が気に食わないから、日本の金融政策に文句をつけてます。日本の金融政策はだいぶ無理してますし、言いたいことはわかるんですが、政策的にドル高に繋がる政策を進めておいて、日本に文句をつけられてもって感じですが、ドル高がダメっていったり日本の金融政策に文句言うことはわかり易いですからね。

日本嫌いで有名なフォードの創業家、会長もトランプ氏に接近してますから、これからも日本に対する要求はエスカレートしていくでしょう。2/10に日米首脳会談が行われますが、安倍首相も大変ですね。まずは迎合していく事になると思いますが、その後の批判が目に見えるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク