読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三言くらい言いたい

気になった事柄やニュース等を、ピックアップして、短く紹介します。

トランプ大統領の日本車叩きは的外れ

口を開けば何かと物議を醸すトランプ大統領ですが、今度は、日本の自動車市場はアメリカにとって不公平だと批判し、改善を要求してきました。

本当に不公平でしょうか?

本当に不公平な点があるとすれば、日本メーカーは、大量にアメリカで車を売っていますが、アメリカの自動車メーカーの車は日本であまり売れてない事が、不公平といえば不公平なんでしょうか?

まず関税の面ですが、日本からの輸出車には2.5%の関税がかかりますが、アメリカから日本への輸入車は関税がかかりませんので、アメリカのメーカーに有利な制度となっています。

しかも、日本のメーカーはアメリカに工場を作り、アメリカで車を生産していますので、多くの雇用も産み出しています。

軽自動車の規格がアメ車の非関税障壁となっているといった話しもありますが、全く関係ないでしょう。元々、軽自動車を買う層がアメ車を買うはずがありません。

悔しかったら軽自動車を作ってみろって話しですが、作っても安い軽自動車では儲からないので手を出してこないでしょう。

後は日本とアメリカの環境規制の違いでしょうか?

アメリカの自動車メーカーも、こんなクダラナイ事をトランプ大統領に言わせてる暇があれば、もっと日本でのブランド力を高めて、いまの方向性で売れるようにしていくことに力を使うべきだと思うんですけどね。

あくまでも私個人の意見ですが、アメ車は、非常に魅力的な車も多いと感じます。ただ、日本の道路事情に合わない、非常に値段が高い、燃費が悪いとかってネガティブなイメージが先行している感があります。

もちろん事実なんですが、それでも魅力的なところがありますので、日本でのブランド力が上がれば、そんな事はそれほど気にしない一定の層には響くはずです。アメリカの自動車メーカーは、そこをちゃんと考えるべきです。

性能がいい車だけが売れるわけではなく、魅力的な車も売れるんです。

ただ、今のままのアメリカの自動車メーカーの考え方では、日本でブレイクするのは、不可能でしょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク