読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三言くらい言いたい

気になった事柄やニュース等を、ピックアップして、短く紹介します。

死刑制度廃止?日本の弁護士は被害者の味方ではなく、犯罪者の味方なのか?

日弁連死刑廃止目指すって宣言を採択

日本弁護士連合会が、死刑制度廃止を目指すって案を賛成多数で採択されました。

弁護士は弱い者の味方だと思っていましたが、違うんですね。

理由はいくつかありますが、その中の一つに「えん罪」の問題があります。

確かに「えん罪」で死刑が執行されてしまえば、取り返しがつかないのは確かです。でも袴田事件の袴田さんは釈放されるまで48年かかったんですよ。

袴田さんは死刑囚でしたが、これから無罪を勝ち取ったとしたら、だいぶ形は違いますが、死刑の代替としている終身刑で無罪を勝ち取るのと似ています。でもそれで、袴田さんの人生は取り返しがつくのですか?

袴田事件の再発を防ぐには、「えん罪」を防ぐしかないんです

「えん罪」を防ぐ手立てとなる取り調べの全面可視化を実現させる事にもっと力を使い、実現させる事が先ではないですか?

もしも、私の周りの人が殺人事件に巻き込まれたら、私は間違いなく死刑を望みます。

そして仮に死刑制度がなかったら、仇討したいとも思うでしょう。もしもそうなった場合、その気持ちを抑えられるかの自信もありません。

日本の多くの国民は、死刑制度の存在を望んでいます。

私の意見がかわるとすれば、死刑よりも辛い刑罰が提案されれば、考えがかわるかもしれません。

それまでは、野蛮だと言われたとしても、死刑制度存続を望みます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク