読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三言くらい言いたい

気になった事柄やニュース等を、ピックアップして、短く紹介します。

日韓通貨スワップは、日本のボランティアみたいなもの

国際 政治 金融

日韓通貨スワップ再開?

2015年2月に終了した、日韓通貨スワップ協定ですが、また再開の議論が始まったようです。

もともと日韓通貨スワップ協定は、日本が韓国の通貨安定を図る為に2001年に始めたものです。2015年に、韓国からの延長要望がなかった為に終了しました。

その時の韓国内の報道も、「必要ない」とか「日本の政治的な報復だが、そもそも必要ない」といった報道でした。

それをまた再開の議論を始めたという事は、韓国側が必要として要請してきたという事でしょうが、日本側からすればメリットはほとんど無いので、ボランティアみたいなものです。

そもそも、2015年までの日韓通貨スワップの時にも感謝された記憶がありませんし、もう少し遡れば、1997年のアジア通貨危機で韓国が危機に陥った事を日本のせいにして、その後、日本が支援を行ったにも関わらず、感謝ではなく、支援が遅いと文句を言われる始末です。

日本は先進国として韓国からサポートの依頼があればサポートを行う義務はあるんでしょうが、最低限2015年までの日韓通貨スワップに対する感謝の気持ちを、全国民で共有するところからはじめて欲しいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク